意識低い系からの脱却が鍵

2021年9月6日月曜日

生き方模索

t f B! P L
2019年9月30日

しかし一方で、自分の人生を変えるというと大袈裟だが、少なくとも僕のストナンというビジネスを成長・拡大させるまでの対価は得られていないというのも事実である。これまで僕のサービスを購入してくださった方々は、僕がたいして企業努力をしなくても購入してくれる潜在的な顧客だった可能性が高い。それはそれでありがたいし、そういう顧客もいると知ったことで、自分の存在レベルで自信に繋がる部分もあるのだが、自分の年齢が増すにつれ、顧客が減っていく一方で増えることはないということも痛感する。
前回抜粋

もう3週間以上声掛けできていない。ブログでは偉そうなことを言ったり、ストナンとはこういうものだ、みたいな知った風な口を叩いてきたが、結局僕自身は相変わらずのチキン野郎で実行力のない冴えないおっさんを続けている。

は~・・・どうすれば・・・

地蔵を克服できる人とそうでない人の違いは?

誰でも最初はナンパ地蔵になる。その後その状態から抜け出す人と、抜け出せない人との差はいったい何? 僕も抜け出したいよ。もう52歳だし。いつまでうじうじしてるつもりなんだろ。もう嫌だ。ならやめればいいじゃん。でもそれも嫌。ずっと負け犬の気持ちのまま残りの人生を過ごすことになりそうだから。ストナンで結果を出せないことが負けではない。チャレンジせずに逃げ回っていることが負け犬なんだよ。

やっぱり問題はマインドなのかな・・・

保険をかけるマインド

僕はストナンに対する目標をブログに書いていたりするが、他のナンパブログを書いている人の目標と比べて圧倒的に目標値が低い。他の方は100ゲットだとか、芸能人・モデルレベルをゲットするだとか、夢のような目標を掲げている人がかなりいる。実際その目標を達成できた人はごく僅かだとは思うが、達成できなかったとしても、そこそこの結果を出している人は、ある程度高い目標を掲げた人たちのような気がする。

僕もそうなのだが、低い目標を設定する人というのは、自分に対してなのか、それとも他人に対してなのか、いったい誰に対してなのかよく分からないのだけど、保険をかけているような感覚があると思う。今の自分でもちょっと頑張れば達成可能な目標を立てることで、もし達成できなくても「仕事が忙しかったから」などの言い訳がしやすくなる。達成できなかったときのための保険。
 
目標を高く設定すると、言い訳をする余地をなくしてしまう感覚がある。そもそも「仕事が忙しいから」なんて低レベルの言い訳をするようじゃ、最初からそんな目標無理に決まってるじゃん、って突っ込まれることになるから。別に目標を達成しなくても誰に迷惑をかけるわけでもないのだから、どんな目標にしようが自由なんだけど、ずっと自分に自信を持てない人生を歩んできた僕のような人間は、精神的に自分を守るためなのか偽りの謙虚な人間を演じてしまう。

そもそも自分を変えたい、自分に自信をつけたいと思って始めたストナン活動だ。現状の自分でも達成できるような目標で活動していたら、現状の自分から何も変わるわけがないのは明らかだ。もう7年もやっているのだから、過去の自分の範囲内の目標ではモチベーションを維持するのも難しい。今の自分のままではできそうもない目標にすることで、これまでの自分の限界を超えようとし、モチベーションも維持できるのではなかろうか。

とりあえずだが、今後改めて自己啓発的なことを意識しようかな、って思っている。ストナン活動に限らず。そもそも自己啓発って何?ってところから。いろいろと調べたり実践したり。

ストナン活動に関しては10月から毎日出撃するつもり。ちょっとサボりすぎてしまったので。心の中に秘めたもっと大きな目標に向かってね(笑)


お読み頂きありがとうございました!
最後に↓ポチッとお願いしますm(_)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

ブログ村

このブログを検索

Contributors

現在思秋期真っ只中(?)のおっさんです

フォロワー

QooQ