【アラフィフからのストナン】本音は「若くて可愛い姉ちゃんと・・・」

2013年10月20日日曜日

ストナン体験記

t f B! P L

自分を実験材料とし研究のためにストナンをする

■ 2013年10月19日
■ 場所:H駅周辺
■ 活動時間:約3.5時間
■ 声掛け数:0人(通算130人)

自分との約束事を守らないとセルフイメージが下がる

この日目が覚めたのは11:45頃。

あ!今日歯医者を予約してたんだっけ・・・慌てて診察券に記入された予約時間を確認。予約は12時だった。もう間に合わない。寝起き早々歯医者に断りの電話を入れ次回の予約を取った。

こういうミスをしてしまうとセルフイメージが下がってしまう。とにかく約束事はきちんと守る、これを徹底していかねば・・・

気を取り直して出撃の準備。出撃プランだとこの日は巨大ターミナル駅に遠出するプランなのだが、ひとりで電車に乗って遠くまで行くのはかったるいなぁ、という気分が払拭できなかったので、とりあえず近場のF駅に行くことに。

地元のH駅に到着。15時頃。ポツリポツリと雨が降っている。は~、どうすっかなぁ、ということでパチンコ屋で雨宿り。数日前と同じ展開に。

しかし結果は数日前とは違い、ちょうど数日前負けた金額がそっくりそのまま勝ち分として手元に。勝てたのは良かったが、負けた分が戻ってきただけで結局チャラなんだよな。そう考えると、時間だけを無駄に費やしていることを実感する。

19時頃外に出るとまだ雨は降っていた。

とりあえずもう少し様子を見ようということで駅ビルデパートへ服を買いにいくことに。パンツ2着と靴下3足、ブルゾンを1着購入。パチスロの勝ち分をほぼ使い果たした。

結局地元駅周辺で徘徊するも・・・

20時頃。相変わらず雨は降ったりやんだりという感じだったので、F駅に行くのは断念し、地元の駅周辺を徘徊することに。


結果は23時半頃まで粘ったのだが3時間半完全地蔵・・・今日も声掛けの恐怖に太刀打ちできなかった。

ひとりナンパ待ちの即物件らしき女性を発見したのだが声を掛けられず、これが最大の後悔。後を追ったりもしたのだが、急に反転されて目が合ってしまいスルー。

その後もうろうろしている彼女を何度も見かけたのだが、その都度目が合ってしまい、むしろ僕の方がその子から逃げるような感じになってしまった。僕も長時間街角に佇んでいたので、お互いに意識してしまったような感じがする。もしかしたら声を掛けて欲しかったのだろうか・・・もったいないことをしたような気もする。

今後はモルモットに

さて・・・

今後は感情に左右されず、あくまで研究のために自分を実験材料としているんだ、という感覚でストナンをしていきたい。

  • アラフィフの不細工なおっさんが、果たしてストナンで女性をゲットすることができるのか?
  • どうすればゲットすることができるのか?
  • この年齢だから可能なテクニックなどはあるのか?

そういうことを研究するという名目でストナンを続けていきたい。もちろん建前ではあるが・・・

本音を言えば、「あ~若くて可愛い姉ちゃんとや○てぇ~」である。ストナンを1年続けてきてまったく成果が出ず、もうこの感情は爆発寸前だ。

だが敢えてその感情を押し殺してコツコツ研究していくという方針にする。明日から僕は冷静に分析する博士になり、同時に実験されるモルモットになる。

は~ぁ、もうどうにでもなれ!

ブログ村

このブログを検索

Contributors

現在思秋期真っ只中(?)のおっさんです

フォロワー

QooQ