【アラフィフからのストナン】奇跡のアラフィフ男子を目指して

2013年3月31日日曜日

ストナン体験記 マインド・メンタル

t f B! P L

ストナンに対するポジティブ宣言文

前回は日本で1番人が集まる駅での活動でしたが声かけは2人だけでした。それでも声かけができただけでも良しとしたいと思います。

そしてまた新たな気持ちでストナンを頑張ろうと思います。

新たな気持ちということで、ストナンに対するポジティブ宣言文を考えてみることにしました。と言ってもパッとは思いつかないので、ネットで見つけたポジティブ宣言文をストナンに当てはめてみました。

私は自分の好きなことを選択していいし、自分の思い通りに生きていい。
ストナンをして素敵な女性と楽しい時間を共有していいんだ。
そして私は女性から無条件に愛される価値があり、また女性から喜ばれる存在だ。

毎日2回程ポジティブ宣言を唱えることで、現実に引き寄せる効果があるそうです。ですが潜在意識に浸透するまでには3週間ほどかかり、結果として現れるまでには3ヵ月ほどかかるらしいです。

信じて毎日唱えてみることにします。

雰囲気を味わっただけでOK

■ 2013年3月29日
■ 場所:F駅周辺
■ 活動時間:約2時間
■ 声かけ数:0人(通算11人)

この日は久しぶりに会社を定時であがり、声かけの練習のつもりでローカルな街に出撃しました。


2時間くらいの滞在で結果は完全地蔵でした。

約2週間ぶりの出撃だし、ひとりでの出撃となるともっと久しぶりだったので、この日は雰囲気を味わっただけでも良しとします。

重要なのは行動目標

僕はストナンに対して結果目標と行動目標の2つの目標を立てています。大事なのは行動目標です。それは僕自身の最終目標が、主体的に行動し残りの人生を楽しく過ごせるような人間になりたいということだからです。

現在声かけ数はまだ11人。ここまでは目標達成には程遠い結果となっています。しかし結果は求めず行動目標を達成することだけを考えて、今後も諦めずにチャレンジしていきます。

そして大事なのは自己満足

ストナンは主体的に行動できる人間になるため、という自分磨きの一環で行っていますが、これからはストナン以外にも自分磨きを意識して日々いろいろなことにチャレンジしたいと思っています。

奇跡のアラフィフ男子を目指して・・・

外見はアンチエイジングして若返り、内面から溢れ出るオーラを身に纏うようなそんな男子になりたいのです。

ただこの目標を目指すうえで大事だと思うことは、自己満足をするということだと思います。周りからよく見られたいとか、周りの評価を気にしていてはたぶん挫折してしまうと思うのです。でももちろん僕のためにアドバイスしてくれる人の言葉は素直に受け容れるし、いずれ僕も誰かにアドバイスできるような人間になれれば最高です。

自分も声かけくらいならできるんです

■ 2013年3月30日
■ 場所:Y駅周辺
■ 活動時間:約8時間
■ 声かけ数:2人(通算13人)

Y駅に到着したのは14時15分頃。


1~2時間の滞在で10人声かけを目標にしていました。

何をしにきたんだ、僕は・・・

しかし・・・

1時間経過・・・声かけできません。

2時間経過・・・まだ声かけできません。

う~ん、どうしよう。。。

あと1時間頑張ることにしました。

3時間経過・・・声かけできません。

何しに来たんだ、僕は・・・と思い、あと1時間延長します。

4時間経過・・・声かけできません。

くそ!最低でもひとり声かけするまで帰らないぞ!

そう決心して延長します。

5時間経過・・・声かけできません。

6時間経過・・・声かけできません。

7時間経過・・・声かけできません。


意識が朦朧としてようやく

時刻は21時15分。

ここまでほぼ休憩も取らずに歩き続けています。何km歩いたのでしょうか・・・

意識も朦朧としてきました。でも意識が朦朧としてきたことで、ようやく雑念を振り払うことができました。

20歳くらいの子にようやく声かけです。

反応はイマイチで、最後は逃げるように去ってしまいましたが、ガンシカではなく笑顔もちょっと見せてくれたのでこれまでの疲れが少し和らぎました。よし、せっかくだからもう一人声をかけよう、という気持ちになります。

そしてその10分後くらい。

20代前半くらいの子に声かけです。

この子も反応はイマイチでしたが、ちゃんと話を聞いてくれました。容姿を褒めると笑顔を見せ、

「ありがとうございます。」

と一言。連れ出し打診をすると、

「ちょっと今は・・・」

との返事です。もう少し粘ろうかなと一瞬思ったのですが、家路を急いでいる感じがしたし、自分も疲労困憊だったのですんなり

「すみませんでした。」

と言って別れました。

時刻は21時30分。

あとひとり声かけたいなと思って22時まで粘ってみましたが、さすがにこの時間だと自分が声をかけたいなと思う女性はみんな家路を急いでいるような感じだし、ちんたら歩いてるのは苦手なタイプの女性ばかりだったので声かけできずに終了しました。

それでも自分の意思で声かけできたのは大きい

7時間地蔵してその後の15分間で2人声かけ。もう少し早く雑念を振り払うことができれば、10人声かけも可能かもしれません。

だけど今年はずっと仲間に指名して貰わないと声かけができなかったので、たった2人だけど自分の意思で声かけできたのは自分の中では大きいです。結果は別として、自分も声かけくらいならできる、という気持ちにはなれました。

ブログ村

このブログを検索

Contributors

現在思秋期真っ只中(?)のおっさんです

フォロワー

QooQ