【アラフィフからのストナン】失敗なんてこの程度のことなんだと分かることが大事

2012年10月31日水曜日

ストナン体験記 マインド・メンタル

t f B! P L

自分に対する嫌悪感は薄れてきました

■ 2012年10月29日
■ 場所:F駅周辺
■ 活動時間:約2時間
■ 声掛け数:0人

相変わらず風邪気味みたいな状態が続いているし、筋肉痛やら関節痛もあるのですが頑張って街に繰り出しました。


結果はこの日も声掛けできず、2時間歩きっぱなしでした・・・これでは単なるウォーキングです。健康には良いかもしれませんが・・・

ですがこの日は前回ほど自分に対する嫌悪感は湧きませんでした。まったく湧かなかったというと嘘になりますが、今こうして地蔵(※)状態を経験していることも決して無駄ではない、と思えるようになってきたのです。明日もし時間があって街に繰り出したら、なんとなく一声くらいは掛けれそうな気がするのですよね。
(※ 地蔵:ナンパ用語で、ナンパをしにきたのにも関わらずナンパできずに街角で佇んでいる状態のこと。)

その理由は簡単です。疲れてしまったからなんです。こうしてただぶらぶらと街を歩くだけが苦痛になってきたのです。こんな苦痛を味わうなら、さっさと声を掛けて退散した方がましと思えるようになってきたのです。

ウォーキングするだけ

■ 2012年10月30日
■ 場所:F駅周辺
■ 活動時間:約2時間
■ 声掛け数:0人

この日も可愛い女性を物欲しそうに見つめながらウォーキングするだけで終わってしまいました。

前回、次こそは声掛けできそうだ、と思ったのですけどね・・・
特にそれ以上言うべきことはございません。

この日も完全地蔵

■ 2012年10月31日
■ 場所:F駅周辺
■ 活動時間:約2時間
■ 声掛け数:0人

この日も声掛けできませんでした。こんなことをお伝えしても仕方ないんですけどね・・・。

成功体験よりも失敗体験が必要

僕には成功体験も必要だと思うのですが、それ以上に失敗体験が必要だと思います。今声を掛けることができないのは失敗を恐れているからに他なりません。だから失敗をすることで、なんだ失敗ってこの程度のことかと分かりたいのです。

講習の時に失敗は経験済みではあるのですが、あまりにもテンパってしまっていて失敗を実感できていなかったかもしれません。ほんとにひとりで、孤独の中で失敗を経験しないと実感できないのだと思います。

どんなにベテランで百戦錬磨だとしてもそう簡単にはいかない

この3日間ともいつものチャラいお兄さんが駅構内に陣取っていました。少し彼を観察していると、完全に狙いはギャル系の女の子のようです。きゃりーぱみゅぱみゅさんみたいな女の子を追いかけていました。

駅構内から逃げるように店の中に入っても、お構いなしに店の中まで追いかけています。さすがに僕まで後を追いかけるわけにはいかないので、その後その女の子のナンパに成功したのかどうかは分かりません。

ただ彼の必死さを見て安心したような気持ちになりました。どんなにベテランで百戦錬磨だとしても、そう簡単にはいかないんですよね。だから僕は僕なりにマイペースで頑張ろうと思います。

ブログ村

このブログを検索

Contributors

現在思秋期真っ只中(?)のおっさんです

フォロワー

QooQ