【アラフィフからのストナン】ストナン学校に入学したからには卒業を目指そう!

2012年10月20日土曜日

ストナン体験記 生き方模索

t f B! P L

今日も街へ

■ 2012年10月20日
■ 場所:F駅周辺
■ 活動時間:約4時間
■ 声かけ数:0人

また足がすくんでしまいました

今日も体調がすぐれません。しかし、昨日最後の良いイメージが消えぬうちにまた声かけの練習をしておいた方が良い、という考えでこの日も街に繰り出すことに決めました。昼食を食べ風邪薬を飲んで昨日と同じ駅へ向かいます。


14時頃現地到着。

土曜日の昼間ということで昨日よりも人が多くいました。それだけターゲットとなる女性も多いということになるのですが・・・

今日も昨日のチャラい男が駅構内にいます。彼のホームグラウンドなのでしょう。この日は駅構内で募金活動をしている若い男女があり、チャラ男もなんかやりにくそうです。ただつっ立っているだけで積極的に声をかけてる様子は見受けられません。

一方僕はと言えば・・・

昨日の最後の感じからすると、道聞きの声かけくらい余裕でできると思っていたのですが、またこの日も足がすくんでしまって全然できません。結局18時までいましたがこの日はまったく声かけができませんでした。自分を嫌になり過ぎて、街に出ていた約4時間程の状況をブログに書く気力も失せています。

もうやめたい・・・

やっぱり向いてないのかな・・・もうやめたくなってきた・・・っていうか、やめるもくそもまだ始めたと言えるところまでも来てないんだよな・・・

帰りの電車の中でそんなことを考えていましたが、そこから僕はふとある考えに至ります。

そう、僕はストナンなんか向いてない。辛いならやめればいいんだよ。

でも講習も受けたし、ストナンの成功率を上げるために美容室に行ったり服や靴も買ったりしました。これってまるで学校に入学するために必要なものを買い揃え、入学式にも行ったのに授業にはまるで出席していない状況に例えることができます。このままでは単位も取れないし、そもそも出席日数が足らなくて卒業もできません。

今ストナンをすることを諦めたらそれは自主退学と同じです。人生や男としての生き方を学ぶために自ら進んで入学したストナンという学校です。この学校に入るために準備してきたものをこんな簡単に無駄にしていいのでしょうか。挫折するにはあまりに早すぎやしないでしょうか。

ストナンを卒業するためにストナンをしよう

そうだ、ストナンをやめたいのなら卒業すればいいんだ。

僕はストナンを卒業するためにストナンをするのです。単位は最低限でいいんです。とにかく必要な出席をして卒業を目指そうではありませんか。

こんなアホなことを思った1日でした。

ブログ村

このブログを検索

Contributors

現在思秋期真っ只中(?)のおっさんです

フォロワー

QooQ