根拠は後から結果が示してくれるっちゅうことでいいんじゃないすか(笑)


11/30のプチ旅ナンパ

予定

14:04 H駅発 ― JR線 → 14:13 T駅着
15:13 T駅発 ― JR線 → 15:17 F駅着
15:25 F駅発 ― 私鉄O線 → 15:34 S駅着
16:35 S駅発 ― 私鉄O線 → 16:45 Y駅着
17:47 Y駅発 ― 私鉄O線 → 17:52 C駅着
17:56 C駅発 ― 私鉄T線 → 17:59 M駅着
19:01 M駅発 ― 私鉄T線 → 19:07 N駅着
19:14 N駅発 ― JR線 → 19:38 H駅着
19:41 H駅発 ― JR線 → 19:51 K駅着
21:22 K駅発 ― JR線 → 22:06 H駅着

T駅、S駅、Y駅、M駅では30分以内1声掛け目標。

K駅では1時間以内に3声掛け。Level3の3回目クリアを目指す。

結果

①T駅

予定より40分程遅れて到着。


15:15:1声掛け目:20代前半くらい:ガンシカ

T駅周辺のトータル結果 
  • 声掛け人数:3人
  • バンゲ人数:1人(バンゲ率33.3%)
  • 連れ出し人数:0人(連れ出し率0%)
  • 後日アポ人数:0人(アポ率0%)
  • ゲット人数:0人(ゲット率0%)
  • ランキング:3位(前日まで2位)

②S駅


16:01:2声掛け目:20代後半くらい:冷たい反応

S駅周辺のトータル結果 
  • 声掛け人数:3人
  • バンゲ人数:0人(バンゲ率0%)
  • 連れ出し人数:0人(連れ出し率0%)
  • 後日アポ人数:0人(アポ率0%)
  • ゲット人数:0人(ゲット率0%)
  • ランキング:11位(前日まで11位)

③Y駅


完全地蔵。タゲを選び声掛けできず。

④私鉄乗降者数ランキング320位台のM駅


初めて来たがオシャレな街という印象。この雰囲気に飲まれ完全地蔵。

⑤K駅

予定より少し早く到着。ザグさん他と合流。

※ザグさん他、本日も合流ありがとうございました。

20:20開始。


20:48:3声掛け目:20代前半くらい:冷たい反応

21:04:4声掛け目:30代前半くらい:足止めして話すも成果無し

21:32:5声掛け目:アラサーくらい:ガンシカ

K駅周辺のトータル結果 
  • 声掛け人数:34人
  • バンゲ人数:0人(バンゲ率0%)
  • 連れ出し人数:0人(連れ出し率0%)
  • 後日アポ人数:0人(アポ率0%)
  • ゲット人数:0人(ゲット率0%)
  • ランキング:28位(前日まで28位)

K駅では3声掛けに1時間12分かかったため、この日もLevel3クリアならず。

本日のトータル結果

■ 2014年11月30日
■ 場所1:T駅周辺
■ 場所2:S駅周辺
■ 場所3:Y駅周辺
■ 場所4:M駅周辺
■ 場所5:K駅周辺
■ 活動時間:約4時間
■ 声掛け数:5人(通算671人)


僕はもう既にモテ男(笑)

なるべくストイックにならないようにと、プチ旅ナンパやレベル上げとかっていうことをやってるが、なんかだんだん本質からずれてきたというか、現実から逃げているだけというか、こんな感じでいつまでもやっていても何も変わらないんじゃないかという気がしてきた。

プチ旅ナンパもレベル上げも、ちゃんと目的を見据えて、楽しみながら目的を達成するためにプロセス化したものだと言い切れれば良いのだが、そう言い切れない感じなんだよね。

やっててバカバカしくなったり、いい歳して何こんな事に必死になってんだろ、みたいな気持ちになることは度々ある。わざと無駄だと思えるようなことをやっているのは、結果が出ない言い訳をするためなんじゃないかと・・・

心の中でレベル上げだとか、ボスキャラを倒すぞとか、自分を成長させる旅に出るぞ、なんて思う人は自分以外にもいるだろう。でもそれをあえて企画とかなんとか言っちゃって、ブログで晒しているのは、声掛けもろくにできない、声を掛けても失敗ばかりで女に見下されている、そんな情けない自分をぼやかすためなんじゃないかな・・・と。

しかしどんなにくだらない、意味の無い馬鹿げたことだと思っても、一度始めたことを途中でやめてしまうのも癪に障るんだよ。僕ってホントめんどくさい性格だね(^^;

一応、僕、少しでもモテる男になって自分のライフスタイルを変えたいと思ってる。アラフィフという年齢からでも、イケメンじゃなく地位も名誉もお金も無くても、理にかなった努力をすればそこそこまでは行けるんじゃないかと思ってるんだよ。

しかし思考パターンも行動パターンもやっぱり非モテ男のそれになってるんだろうね・・・

今日もちょっとオシャレな感じのショッピングモールを歩いているだけで怖気付いている感じだし、モテ男のマインドとは程遠い。

これじゃぁなんか企画を立てたところで、非モテ男の範疇を超えない。

んで、もう自分に対しても女性に対してもハッタリかますしかないんじゃないかと思ってる。もう既に僕はモテ男なんだというハッタリ。

例えば一流と呼ばれる人達も最初からそう呼ばれていたわけではないよね。でもきっと彼らは、心の中では最初から僕は一流なんだと思ってやってたんだろうね。だから結果が後から付いてきた。いわゆる根拠の無い自信ってやつだね。

根拠のある自信って結局結果でしかなくて、しかもその根拠が未来においても結果を出す根拠となり得るかというとそんな保証もなくて、そう考えるとずっと根拠の無い自信を持って挑戦していくしかないんだよね。

ってことで、僕はもう既にモテ男で、その根拠は後から結果が示してくれるっちゅうことでいいんじゃないすか、ってことになった(笑) いつ結果が出るかは神のみぞ知るってことで。

少なくとも考え方として、非モテ男が必死にもがいているような考え方は極力しないようにしようかな・・・と。

どこまでできるか分からないがね。


ランキングに参加しています。
続きが読みたいと思った人だけ押してください(^^;↓

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿